医療用レーザーを使った最新脱毛とは

脱毛には、脱毛サロンで行う美容脱毛と、医療機関で行う脱毛の2種類があります。医療機関で行う脱毛処理は、医療レーザーによる脱毛方法で、美容外科や美容皮膚科などで行われています。
医療用レーザー脱毛は、脱毛を行う部位の肌にレーザー照射を行うことで、成長期の毛根のメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えることで、施術後1〜2週間後に毛が抜ける脱毛方法です。脱毛サロンで行う光脱毛と原理的には同じですが、医療機関で使用する医療用レーザーは、出力パワーが大きいので毛根に与えるダメージが大きく効果的である反面、照射範囲が狭いために広範囲の脱毛を行う場合には時間がかかります。また、毛根のダメージが強い分、少し傷みがあるのが特徴です。
医療機関での脱毛処理では、何かお肌にトラブルかあった場合にはすぐに診察してもらえ、薬などが処方してもらえるメリットがあります。また、脱毛処理前には必ず医師の診察がありますので安心です。さらに、医療機関での脱毛は、脱毛サロンと違い、営業行為や勧誘行為を行うことはありませんのでその点でも安心と言えるでしょう。料金的には割高とはなりますが、それ以上の安心感があるのが医療機関での脱毛ではないでしょうか。

このサイトについて

人気の脱毛サロンの最新技術を紹介します。

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。